オオサカ堂人気商品ランキング

デザレックス海外版(エリアス)

HOME > デザレックス海外版(エリアス)

第11位  デザレックス海外版(エリアス)

デザレックス海外版(エリアス)
  • 3.8

抗アレルギー薬「エリアス」

オオサカ堂でも取扱いをしている抗アレルギー薬「エリアス」。有効成分の「デスロラタジン」は、2016年9月、日本でも承認され、「デザレックス」という名で販売が開始されました。 デスロラタジンは、米国や欧州など世界120ヶ国以上で承認されている第二世代抗ヒスタミン薬です。花粉症によるアレルギー性鼻炎をはじめ、湿疹やかゆみなどのアレルギー症状を抑える効果があります。

エリアスの特長

オオサカ堂でも取扱いをしているデザレックスの海外版「エリアス」。前述した通り花粉症などのアレルギー性鼻炎やかゆみなど、アレルギーが関わる疾患に有効な治療薬です。 大きな特長として、従来の治療薬に比べ、眠くなる服作用が少ないといわれています。そのため、仕事中でも安心して使用できます。但し、服用中は車の運転など危険を伴う機械の操作はしない方がいいでしょう。 また、もう一つの大きな特長として、即効性と持続性にも優れているといわれています。つまり、エリアスは、眠くなる副作用が少なく、即効性と持続性に優れた特長のある抗アレルギー薬ということです。

アレルギー反応とデスロラタジンの働きについて

オオサカ堂でも取扱いをしている「エリアス」の有効成分「デスロラタジン」は、どのように働く薬なのでしょうか。
デスロラタジンの作用は簡単にまとめると「アレルギーの原因となる化学伝達物質ヒスタミンがヒスタミン受容体に結合するのを抑えると同時に、他の化学伝達物質も抑え、症状を改善する」となります。
それでは、アレルギー反応が起こる仕組みはどううなっているのでしょうか。
まず、アレルギー反応は、突然起きることはありません。アレルギーの前段階として、ある抗原に対して敏感になる状態になります。これを感作と呼びます。アレルギーの原因となる異物(抗原)が体の中に侵入すると、免疫細胞が次に同じ抗原が入ってきた時に抵抗できるようにIgE抗体と呼ばれるタンパク質を作ります。その後IgE抗体は、肥満細胞と結合し、抗原が来るのを待ち構えた状態になります。その状態が感作です。そして再び抗原が体内に入ってきた時にIgE抗体が抗原をキャッチします。これを抗原抗体反応と呼びますが、その反応により、ヒスタミンや化学伝達物質が放出されます。そして、ヒスタミンは体の中の様々な場所に存在するヒスタミンH1受容体に結合し、アレルギー反応を引き起こすのです。そして、前述した通り、エリアスの有効成分「デスロラタジン」は、ヒスタミンがヒスタミン受容体に結合するのを阻止し、アレルギー反応を抑えるのです。
オオサカ堂でも取扱いの日本でも承認された「デスロラタジン」を有効成分とする「エリアス」。アレルギー症状の改善に役立てることの治療薬です。

▲ページの先頭に戻る